PTAとは・・・・

学校に通う子どもの保護者Parent)と教職員Teacher)からなる団体Association)であることから、各語の頭文字を取ったものである(ParentTeacherAssociation)。


 

 志免中央小学校PTA会則

 

(名称及び所在地)

第1条 本会は,志免中央小学校PTA(以下「PTA」という。)と称し,事務局を志免中央小学校(以下「学校」という。)に置く。

 

(目的)

第2条 PTAは,学校,家庭,地域と連携して,学校に在籍する児童(以下「児童」という。)の健全な成長と児童福祉の充実に務め,児童の保護者(以下「保護者」という。)と学校に常勤する教職員(以下「教職員」という。)相互の生涯教育のための諸活動を推進することを目的に設置され,児童を取り巻く教育環境の向上に寄与する。

 

(方針)

第3条 PTAは,前条の目的を達成するため,次の方針に基づいて活動する。

2 営利を目的とせず,宗教的,政治的活動を目的とする団体,個人又は事業と関係をもたない。

3  自主独立のものであって,他のいかなる団体の支配,干渉,統制も受けない。

4  子どもたちの健全育成及び福祉のために活動する企業,特定非営利活動法人等

の社会的諸団体と連携する。

5 学校の管理及び人事には干渉しない。

 

(会員)

第4条  PTAの会員を正会員と準会員の二種とする。

2 正会員は,保護者またはこれに代わる者及び教職員とし,全て平等の権利を有する。

3  準会員は特に児童の教育に関心をもち,PTAの趣旨に賛同してくれる者とする。

4 PTAを退会する会員は,退会届を提出する。ただし,第2項に定める正

会員資格を喪失することにより退会する場合は,この限りではない。

5 PTAは任意の団体であり,その入退会は会員の意思で決められるべきものである。

 

(活動)

第5条 PTAは,第2条の目的を達成するため,次の活動を行う。

(1) 学校教育に対する理解と協力

(2) 児童の福利・厚生・安全環境の整備および向上

(3) 学校,家庭,地域の連携による教育活動の促進

(4) 会員相互の教養の向上と親睦の増進

(5) その他,目的を達成するために必要な活動

2 PTAの活動は,原則として総会及び理事会で協議決定された事項に基づき,会員からボランティアを募って実施し,会員相互の支え合いによって成り立つ。

 

(総務部)

第6条  PTAに,総務部を置く。                                    

2 総務部は,会員相互の支え合いによるPTA活動が潤滑に行われるよう努める。

3 総務部は,PTAの事務の一切を掌握し,これを運営する。

(1)PTAの事務を処理するため,総務部に事務職員を置くことができる。

(2)事務職員は,理事会の承認を経て会長が任免する。

(3)事務職員の勤務に関し必要な事項は,別に定める。

 

(役員)

第7条 総務部に,次の役員を置く。

 (1)会長 1

 (2)副会長 1

 (3)総務部長 1

 (4)ボランティアマネージャー 2

 (5)書記担当 1

 (6)会計担当 1

2 会長を除く役員の数は,諸事情に応じて増減することができる。

3 役員は会計監査を兼ねることはできない。

4 書記担当及び会計担当は,教職員から1名ずつを選出する。

 

(役員の任期)

第8条  役員の任期は2年とする。

  任期中において,役員の交代があったときは,後任の役員の任期は,前任者の残任期間とする。

3 役員は,再任を妨げない。

 

(役員の任務)

第9条  役員の任務は次のとおりとする。

  (1)会長は,PTAを代表し,会務を統括し,総会,理事会を招集する。

 (2)副会長は,会長を補佐し,会長不在の場合は,その代理を務める。 

 (3)総務部長は,会長と会務を統括し,副会長と同様の任務を遂行する。

 (4)ボランティアマネージャーは,PTA活動に参加する会員を含めたボラ

ンティアを管理し,PTA活動の活性化に務め,副会長と同様の任務を遂

行する。

 (5)広報担当は,PTAの広報及び会員等への情報提供に務める。

 (6)書記担当は,会議の議事等要録・役員会及び理事会の報告書等を記録し一括して,その記録を保管する。

 (7)会計担当は,PTAの総ての収支を正確に記帳し,総会において会計監

査の承認を経た決算報告をする。

 

(会計監査)

第10条  PTAに,会計監査2名を置く。                                    

2 会計監査は,PTAの収支について監査を行い,総会で監査報告をする。

 

(役員並びに会計監査の選出)

第11条  役員及び会計監査は,会員からの立候補並びに推薦に基づき,総務部が翌年度の候補者を選考し,総会において選出する。

2 総務部における選考基準は別に定める。                                    

 

(相談役)

第12条  PTAに,相談役を置くことができる。

2  相談役は会長が委嘱する。

 

(子どもサポート部)

第13条  PTAに,子どもサポート部を置く。                                    

2 子どもサポート部は,総務部と連携して,保護者と教師の相互理解を図り,家庭と学校の教育環境の向上に努める。

3 子どもサポート部は,学年毎に概ね会員5名の子どもサポーターで構成する。

4 子どもサポート部に互選により連絡係2名を置く。

 

(地域サポート部)

第14条  PTAに,地域サポート部を置く。                                    

2 地域サポート部は,総務部と連携して,概ね学校の通学区域の範囲(以下「地域」という。)において,児童の安心・安全の確保など教育環境の向上に努める。

3 地域サポート部は,地域内の町内会及び育成会等の地域諸団体と十分な連携を図り,活動するものとする。

4 地域サポート部は,地域内の町内会毎に会員2名ずつの地域サポーターで構成する。

5 地域サポート部に互選により連絡係2名を置く。

 

(総会)

第15条  総会は、定期総会及び臨時総会とし,本会の最高議決機関である。

2  定期総会は毎年開催し,臨時総会は会員の1割以上の要請があった場合,また

は理事会が必要と認めた場合に開催する。

3  総会は,会員の三分の一以上(委任状による出席者を含む)の出席により成立

し,出席会員の過半数の賛成で議決する。

4 総会の議長は,会長,または会長が会員から推薦するものとする。                                                                                        

総会の日時・場所及び議題は,三日前までに全会員に通知する。

 

(総会の任務)

第16条 総会は,次の事項を審議する。

(1) 会則に関すること。

(2) 会費に関すること。

(3) 予算決議に関すること。

(4) 年間の事業計画とその承認

(5) 役員・会計監査の選出。但し補充の場合を除く。

(6) その他重要な事項

 

 (理事会)

第17条  理事会は,役員,子どもサポート部及び地域サポート部の連絡係,学校の校長,教頭,教務主任によって構成する。

2  理事会は,会長が招集し,構成委員の三分の二以上の出席により成立し,出席者の過半数の賛成で議決する。

3  理事会は,次の事項を審議する。

(1) 総会において委任された案件

(2) 総会に提案する議案

(3) 総務部,子どもサポート部,地域サポート部の立案した計画の審議と

連絡調整

(4) 会員からの提案・要望事項の審議

(5) 細則・規定に関すること

(6) 定例及び,臨時の行事を遂行するための企画・立案・実行

(7) 緊急事項の処理

 

 (経理)

第18条 PTAの活動に関する経理は,会費,その他の収入をもって充てる。

前項の会費は,会員1世帯あたり月320(11ヶ月徴収)とする。

PTAの経理は,総て総会で認められた予算に基づいて行われる。ただし,当初予算に過不足が生じた場合,理事会に諮り処理することができる。

 

(会計)

第19条  PTAの会計は,志免中央小学校PTA会計規則(以下,「規則」という。)に基づいて処理する。

2 PTAの予算は,総会の承認を受けなければならない。

  PTAの決算は,会計監査を経て総会に報告されなければならない。

 

(中央っ子未来プロジェクト及び会員交流プロジェクトに関する規定)

第20条 中央っ子未来プロジェクト及び会員交流プロジェクト(以下「プロジェ

クト」という。)とは,企画・運営の意欲のある会員の発案と協力により実施

され,会則第2条の目的及び第3条の方針に基づいた,継続を前提としない単

年度完結型の行事または活動である。

2 プロジェクトの企画・立案にあたっては,活動計画書を総務部に提出し,学校と実施の是非について協議しなければならない。

3 プロジェクトの会計は,理事会にて協議し収支を報告する。

4 プロジェクト実施に伴い生じた収入から支出を控除した経費については,原則としてPTAに寄付する。

 

(PTAサークルに関する規定)

第21条 PTAサークル(以下「サークル」という。)とは,会員の教養の向上と相互の親睦を図るため,会則第2条の目的及び第3条の方針に基づいて活動する会員で組織された集団である。

2 サークルを設立する場合は,総務部を通じて理事会に申請し,承認を得なければならない。

3 サークルの活動に要する経費は,受益者負担を原則とするが,サークルの要請に応じて,上限を設けて助成金を支給することができる。

4 その他必要な事項は別に定める。

 

(個人情報に関する規定)

第22条 PTAでは個人情報保護の重要性を認識し,個人情報の適切な管理・保護に努める。

2 PTA活動の運営上必要な範囲内および,公正な方法により個人情報を取得する。

3 PTAが取得した個人情報は,次の目的にのみ利用できるものとする。

   (1) PTA運営のための連絡網

(2) 各種行事,講演会の案内

(3) PTA活動に関わる資料,書類の送付

(4) PTA活動に関わるアンケートや質疑応答

(5) その他 本会に関連する活動

4 個人情報は,会長が管理し,PTAの運営上必要と認める会員にのみ配付する。

5 個人情報の安全な管理のため,十分なセキュリティ対策を講じるものとする。

6 会長及び個人情報の提供を受けた会員は,取得した個人情報を第3項に規定する利用目的以外では利用できない。

7 PTAの個人情報に関する照会・相談の受付窓口は,役員とし,受付の際には会員の本人確認を行うものとする。

 

(細則)

第23条 この会則の施行について必要な細則は,総会の議決を経て,会長がこれを定める。

 

(附 則)

1 この規約は,昭和49年5月1日より発効する。

2 この規約は,一部を改正し,昭和54年4月28日より発効する。

3 この会則は,一部を改正し,平成2年4月22日より発効する。

4 この会則は,一部を改正し,平成5年5月1日より発効する。

5 この会則は,一部を改正し,平成8年5月1日より発効する。

6 この会則は,一部を改正し,平成11年5月1日より発効する。

7 この会則は,一部を改正し,平成12年5月1日より発効する。

8 この会則は,一部を改正し,平成13年5月1日より発効する。

9 この会則は,一部を改正し,平成14年4月27日より発効する。

10 この会則は,一部を改正し,平成15年4月26日より発効する。

11 この会則は,一部を改正し,平成16年4月26日より発効する。

12 この会則は,一部を改正し,平成17年5月2日より発効する。

13 この会則は,一部を改正し,平成19年4月28日より発効する。

14 この会則は,一部を改正し,平成21年4月25日より発効する。

15 この会則は,一部を改正し,平成23年4月30日より発効する。

16 この会則は,一部を改正し,平成24年4月29日より発効する

17 この会則は,一部を改正し,平成25年4月27日より発効する。

18 この会則は,一部を改正し,平成26年4月26日より発効する。

19 この会則は,一部を改正し,平成27年4月29日より発効する。

20 この会則は,全部を改正し,平成29年4月1日より発効する。

21 この会則は,一部を改正し,平成30年4月28日より発効する。

22 この会則は,一部を改正し,平成31年4月27日より発効する。

 


 

 

 

志免中央小学校PTA役員等選出規定

(目的)
第1条 この規定は,志免中央小学校PTA会則第11条第2項の規定に基づき,公正かつ客

観的に役員等の候補者を選考するために定めるものである。

(方法)
第2条 総務部は,次の役員等の候補者を会員の中から選考し,総会において選出する。

(1)会⻑ 1名
(2)副会⻑ 2名
(3)総務部⻑ 1名 (4)ボランティアマネージャー 2名 (5)書記担当 1名

(6)会計担当 1名 (7)会計監査 2名

2 対して立候補者を募集するもの。ただし,会⻑は現役員(副会⻑,総務部⻑,ボランティアマ ネージャー)の中から募集するもの。

総務部は,選考基準並びに前項に定める役職毎の募集人数を明確にして,全ての会員世帯に

3 総務部は,前項における応募者数が募集人数を満たさない場合において,予め一定の期間を 設けて,全ての会員世帯に対して,被推薦人の承諾を前提とした候補者の推薦を求めること ができる。ただし,会⻑は現役員(副会⻑,総務部⻑,ボランティアマネージャー)の中から 候補者の推薦を求めることができる。

4 総務部は第2項及び第3項において,応募者数が募集人数を上回った場合は,予め定めた基 準に基づき選考しなければならない。

(選考の優先基準)
第3条 前条第4項に定めた基準は次のとおりとし,第1号から順に基準に適合した応募者を優

先的に選考するもの。
(1)⻑子の在学年数が最も多い応募者
(2)男性である応募者(男性の PTA 活動への積極的な参加を促す事を目的とする) (3)過去に役員及び委員経験が無い応募者

2 前項各号に定めた基準によっても選考できない場合は,会⻑及び校⻑の協議により選考する もの。

附則
1 この規定は,平成29年4月1日から施行する。
2 この規定は,一部を改正し,平成31年4月27日より発効する。